それでも期待してしまうのが人情

    Home / Uncategorized / それでも期待してしまうのが人情

それでも期待してしまうのが人情

0

人工授精を受けるとなると、妊娠する確率が低いとわかっていても、やはり期待をかけてしまうのが人情というものです。

医師の技術によってはもっと成功率が高い医療機関もあります。

自分たちの幸運を祈らない人はいないはずです。

その高まった期待の後に生理がきてしまったら、気分が急降下で落ち込むのもしかたありません。

実際、生理が来たときの憂うつ感をメールにしたためてくる女性はとてもたくさんいます。

こうした期待と落胆をくり返すほど、気持ちのアップダウンが激しくなり、不妊治療自体がどんどんつらいものになってしまいます。

ですから最初に「期待しすぎないこと」と、自分自身に言い聞かせてください。

「うまくいったらもうけもの」。

ちょっと乱暴に聞こえるかもしれませんが、人工授精にはそのくらいの軽い気持ちでトライすることが大切です。