高度生殖医療が必要なのは、不妊患者の10%

    Home / Uncategorized / 高度生殖医療が必要なのは、不妊患者の10%

高度生殖医療が必要なのは、不妊患者の10%

0

その体外受精は必要だったのか?体外受精などの高度生殖医療が必要なケースは、不妊のカップルのわずか1割に過ぎません。

最近では、高度生殖医療が必要でないのに,誘導されるケースが増えてきました。

こんな例を経験しています。

ある夫婦が私のクリニックを訪ねてきました。

奥さんはまだ20代半ばでした。

彼女の経験は次のようなものでした。

彼女が不妊治療のドアをノックしたとき、医師は初診で、彼女にこう断言したそうです。

「あなたは絶対に2回以内の体外受精で妊娠できますよ」そうして実際に、2回目の体外受精で妊娠し、子どもが生まれました。

かかったお金は2回の体外受精で、およそ70万円でした。

そして、二人目が欲しくなり、私のところに相談にみえました。

話を聞きながら、私はとても不思議に思いました。

なぜなら、過去の基礎体温の状態やそのほかの状況を聞いてみても、なぜ彼女に体外受精が必要だったのかまったく理解できなかったからです。

それで、私は彼女に次のようにアドバイスしました。

「あなたには、体外受精は必要ないと思います。

自然妊娠できると思います」それからしばらくして、彼女から「妊娠しました」というメールが届きました。

彼女たち夫婦が支払った70万円という医療費は本当に必要なものであったのでしょうか?