column 1。旅行、ラブホ、コスプレ。精障害を救うシチュエーション作戦。

    Home / Uncategorized / column 1。旅行、ラブホ、コスプレ。精障害を救うシチュエーション作戦。

column 1。旅行、ラブホ、コスプレ。精障害を救うシチュエーション作戦。

0

場所や所や状況によって射精できない、という男性もいる。

の感覚であれば家のほうが安心できると思うのだが、「巣のえば、「自宅では射精に至らない」という例は珍しくない。

一般中ではできない」という意識が働くようだ。

また、親と同居のため最後までイケない、家の中でも「ベッドでは射精できない」という例もある。

しかし、”射精できない状況”がわかれば、しめたもの。

別なシチュエーションで試してみればいい。

ラブホテルに行ったり、家の中ではベッド以外の場所でトライしてみるのだ0僕が診療を始めて間もない頃、つまり30年も前なのだが、精液所見がよいのに、なかなか妊娠しないご夫婦がいた。

どうしたものかと思い、「気分転換に旅行でも行ってきたら?」と言ったところ、なんとすぐに妊娠。

旅行先でうまくいったようだ。

あとで思えば、きっと家ではセックスに持ち込むものの、ヴィトックスαでも射精できていなかったのだろう。

当時はまだ「射精障害」という言葉は一般に知られておらず、受診したのに相談もできず、ご夫婦もにつらかったことだろう。

このように「シチュエーションが変われば射精できる」ということは多い。

「なぜかうまくいかない……」という人は、場所やシーンを変えて試してみてほしい。

、変えることが難しいのが性の好みだ。

アイドルやコスプい下着やハイヒールに興奮するなど、こうした性的嗜好はえることはできない。

だったら、それに合わせてみてはどうだ。

僕の患者さんでも、夫のコスプレ好きがわかり、妻がそれも1)で合って見事に子どもを授かったケースがある。

出産した後付やめてくれへんの~」と笑う姿は、なんと微笑まことだろう。

うまく事が運べば笑い話になるのだ。