Category: Uncategorized

    Home / Archive by category : Uncategorized

もうワキのニオイを気にせずに、何でも着られるようになりました。 加藤和子。 私は、息子と共に超音波ワキガ手術を受けました。 私がワキの下のニオイに気がついたのは、結婚したての頃。 それからどんどんパウダーやクリアネオの口コミを読んでは買って塗ってみたり、ワキの下にハンカチを挟んだりと、気を使ってきました。 洋服を選定するケースにも、最も気を使用するのは材質で、デザインは二の次。 汗をよく吸う綿材質で飾り気のないものばかりを着ていたのです。 手術を受ける事を心積もりしたきっかけは新聞で見た当院の広告テキストでした。 仙台ならそれほど遠くないし、テキストで見る限り、手術もいたって手軽になようです。 総額も思ったより高くないし、これなら理不尽なく受けられると考えさっそく息子に話を持ちかけました。 ワキガというのは優性遺伝するといいますが、息子も中学の頃から次第にとワキガ臭がきつくなってきていたのです。 ただ、正直なところをいえば、「痛くないのかなあ。 それにパーフェクトに対策するのかなぁ」 と半信半疑でしたが、息子と話し合った上で、「ちょっとでもニオイがなくなればいい」という事で話が調和が取れ、ようやく電話予約を入れる事になったのです。 即日は手術を受けると決心してクリニックへ行ったので、カウンセリングのあと速やかに手術を受ける事になりました。 私が受けたのは、最先端技術である超音波ワキガ手術というものでした。 麻酔を数か所にチクチクと打つため、多少苦痛がありましたが、その後は何かしているのはわかっても、まったくの無痛様子。 手術は両ワキで30分くらいだったと考えますが、その後、麻酔が切れても苦しみはないのですでした。 「もう、これで何でも着られるぞワキガを気にしないで人前に出られるぞ」という心境のほうが強くなっていたので、手術に対する心もとないはないのですでした。 手術直後は、24時、大きなガーゼを当てがっておき、あとは小さな絆創膏だけ。 1週間程度、デフォルトの状況で濡らさないように用心すれば、いつも通りの暮らしが可能なのです。 さらに、入院の不可欠はなくても、通院はあるかな……と思っていたので、通院する不可欠がないと聞いたケースは実際にびっくりしました。 息子と2人で話し合いして決め手術後も早めに帰宅したので、夫はいまだに私と息子が手術を受けた事を知りません。 手術から1か月が過ぎました。 傷跡は全然際立たないし言うまでもなくワキガのニオイもまったくしません。[…]

場所や所や状況によって射精できない、という男性もいる。 の感覚であれば家のほうが安心できると思うのだが、「巣のえば、「自宅では射精に至らない」という例は珍しくない。 一般中ではできない」という意識が働くようだ。 また、親と同居のため最後までイケない、家の中でも「ベッドでは射精できない」という例もある。 しかし、”射精できない状況”がわかれば、しめたもの。 別なシチュエーションで試してみればいい。 ラブホテルに行ったり、家の中ではベッド以外の場所でトライしてみるのだ0僕が診療を始めて間もない頃、つまり30年も前なのだが、精液所見がよいのに、なかなか妊娠しないご夫婦がいた。 どうしたものかと思い、「気分転換に旅行でも行ってきたら?」と言ったところ、なんとすぐに妊娠。 旅行先でうまくいったようだ。 あとで思えば、きっと家ではセックスに持ち込むものの、ヴィトックスαでも射精できていなかったのだろう。 当時はまだ「射精障害」という言葉は一般に知られておらず、受診したのに相談もできず、ご夫婦もにつらかったことだろう。 このように「シチュエーションが変われば射精できる」ということは多い。 「なぜかうまくいかない……」という人は、場所やシーンを変えて試してみてほしい。 、変えることが難しいのが性の好みだ。 アイドルやコスプい下着やハイヒールに興奮するなど、こうした性的嗜好はえることはできない。 だったら、それに合わせてみてはどうだ。 僕の患者さんでも、夫のコスプレ好きがわかり、妻がそれも1)で合って見事に子どもを授かったケースがある。 出産した後付やめてくれへんの~」と笑う姿は、なんと微笑まことだろう。 うまく事が運べば笑い話になるのだ。

「これだ」というものがあって、それを仕事にしたいと思っている人もいると思います。 私もそんな相談を「好きなもの」や「楽しいこと」をこれから探そうと思っている人もいれば、すでにそうい受けることがあります。 新しいことをはじめたり、自分らしい仕事を探すのは、40歳からでも50歳からでも、ぜんぜん遅くありません。 けれども一つだけ、覚えていてもらいたいことがあります。 ぜんそれは「楽しくない人に楽しいものは作れない」ということ。 他人にほめられたいとか、みんながうらやましがるカッコいい仕事につきたいとか、有名になりたいとか、そんなことを考えていたら、今やっていることそのものが楽しめなくなってしまいます。 「ものにならなくても、とにかくこれが好き」 「これをやっている時がいちばん楽しい!」 そんな気持ちを忘れてしまったら、どんな仕事もおしまいです。 たとえばアイメイクにしても,「私はアーチストよ」というプライドで仕事をする時代は終わったと私は思います。 楽しいからやる,やらずにはいられないからやるーーーそんな情熱がなければ、体力では若い人にかなわない40代、50代の女性の出る幕はありません。 もちろん、楽しんでやることと,ラクしていいかげんにやることとはまったく違います。 最高に楽しみながら、真剣勝負をするのです。 新しいことにチャレンジしようと思ったとき、もし自分にコンプレックスがあったら、思い切って飛び込んで行けませんよね。 40代以上の女性の場合、つい気後れしてしまう要素が、外観であることが少なくありません。 周りは気にしていなくても、「若い人たちの中に、こんなオバサンが入っていけないわ」と自分で自分にブレーキをかけてしまうのです。 そんなときに利用してほしいのが、吉田のアイメイクとアイキララでたるみ解消なのです。 外観が若々しくなることで好奇心やチャレンジ精神が湧いてきて、新しいことをはじめる勇気が出るというのは、私たちの年代の女性ならよくあること。 シミやシワ、たるみくらいのことで、人の輪の中に入って行けなかったり、チャンスを逃したりするのは、あまりにももったいないと思うのです。 だから、ためらっているあなたの背中をポンと押すアイメイクを、私は提供したいのです。 見栄や飾りではなく、心を元気に、前向きにするアイメイク。 それこそが、40歳から本当に必要なアイメイクなのです。

その体外受精は必要だったのか?体外受精などの高度生殖医療が必要なケースは、不妊のカップルのわずか1割に過ぎません。 最近では、高度生殖医療が必要でないのに,誘導されるケースが増えてきました。 こんな例を経験しています。 ある夫婦が私のクリニックを訪ねてきました。 奥さんはまだ20代半ばでした。 彼女の経験は次のようなものでした。 彼女が不妊治療のドアをノックしたとき、医師は初診で、彼女にこう断言したそうです。 「あなたは絶対に2回以内の体外受精で妊娠できますよ」そうして実際に、2回目の体外受精で妊娠し、子どもが生まれました。 かかったお金は2回の体外受精で、およそ70万円でした。 そして、二人目が欲しくなり、私のところに相談にみえました。 話を聞きながら、私はとても不思議に思いました。 なぜなら、過去の基礎体温の状態やそのほかの状況を聞いてみても、なぜ彼女に体外受精が必要だったのかまったく理解できなかったからです。 それで、私は彼女に次のようにアドバイスしました。 「あなたには、体外受精は必要ないと思います。 自然妊娠できると思います」それからしばらくして、彼女から「妊娠しました」というメールが届きました。 彼女たち夫婦が支払った70万円という医療費は本当に必要なものであったのでしょうか?

人工授精を受けるとなると、妊娠する確率が低いとわかっていても、やはり期待をかけてしまうのが人情というものです。 医師の技術によってはもっと成功率が高い医療機関もあります。 自分たちの幸運を祈らない人はいないはずです。 その高まった期待の後に生理がきてしまったら、気分が急降下で落ち込むのもしかたありません。 実際、生理が来たときの憂うつ感をメールにしたためてくる女性はとてもたくさんいます。 こうした期待と落胆をくり返すほど、気持ちのアップダウンが激しくなり、不妊治療自体がどんどんつらいものになってしまいます。 ですから最初に「期待しすぎないこと」と、自分自身に言い聞かせてください。 「うまくいったらもうけもの」。 ちょっと乱暴に聞こえるかもしれませんが、人工授精にはそのくらいの軽い気持ちでトライすることが大切です。

もし、あなたたち夫婦が、不妊治療におけるセカンドステップである人工授精を受ける予定がある、あるいは現在すでに受けているのなら、人工授精とはどういうものかを、正しく理解しておく必要があります。 人工授精とは、男性の精液をパートナーの子宮内に注入することです。 この技術はかなり古くからおこなわれており、また健康保険適用外ですが1回の人工授精にかかる費用はおよそ1~2万円程度。 また、この治療を受けること自体は体にもそんなに負担になることではありません。 それでは、セックスによって腟内に射精するのとどこが違うのかといえば、たとえば男性の精子に問題がある場合ー精子の数が少ない、精子の運動率が低いなどー質のよい精子を分離する「パーコール法」や、元気のある精子が精液の上のほうへ泳いでくる性質を利用して上方にある精子を回収して使用する「スイム,アップ法」を用いることによって、少しでも妊娠する確率を高めようとするところにあります。 また、女性の側の因子として、頚管粘液が十分に分泌されないようなケースつまり精子が子宮のなかに入っていくことができにくいような場合では、人工授精で精子と卵子の距離を縮め、近道させることで妊娠の可能性を高めるという意味でおこなわれることもあります。 また、はっきりとした原因がわからない機能性不妊(原因不明不妊)の場合にも、人工授精がおこなわれます。 精子と卵子の出会う距離を縮めるためというのが理由のひとつ、もうひとつは、高度生殖医療に進む前の移行的な治療という側面もあります。 この人工授精の場合でも,成功するかどうかのキーポイントは、どれほど正確に排卵のタイミングに合わせて精子を注入できるかにあります。 そのために卵胞の計測や、排卵誘発剤を利用したりするわけですが、それでも人工授精における妊娠率は5S8%。 妊娠率がさほど高くないため, 5~10回程度おこなってダメなら高度生殖医療に進むというのが、一般的です。

今の不妊治療に疑問が生じたり、夫婦の間で意見の食い違いができてしまった時には、別の医療機関にセカンドオピニオンを求めることをおすすめします。 私のフォローアップの立場は、たとえるなら二階建ての家のイメージで説明するとわかりやすいかもしれません。 1階は自然妊娠、2階は不妊治療です。 そして私は、1階から2階へあがる階段の踊り場、あるいは楽天市場のベジママのようなサプリに頼る中2階の立場で、なるベく2階に行かずに妊娠するということを目標としています。 こんなスタンスの私が示す「オピニオン」を聞いて,今までとは全然違うと驚カップルは少なくありません。 さて、セカンドオピニオンを求めてその結果、転院を決めたなら,ぜひ現在の主治医から紹介状を書いてもらう勇気を持ちましょう。 紹介状は、あなたの今までの不妊治療の歴史が書かれているものです。 同じ検査をゼロから再スタートするよりも、時間的にも金銭的にも、肉体にかかる負担も軽くて済みます。 「他の病院に行きたいので、これまでの経過をまとめてください」と言いましょう。 もしひとりでは言いにくいと感じるのなら、夫婦で行きましょう。 そして、あなたたち夫婦にはサイト当に必要な不妊治療は何なのか、医師のセカンドオピニオンやパートナーの意見も冷静に聞いて、賢明な判断を下してください。 ※Coffee Break。 あなたが「どんつき」に当たったらさて、どうしますか? 京言葉には「おこしやす」「おおきに」など、やわらかい響きを持つものが多いのですが、ちょっと異彩を放つ言葉に「どんつき」があります。 この言葉を京都の人が話すのを聞いていると、どうやらふたつの意味がありそうです。 ひとつは「つき当たり」、もうひとつは「行き止まり」という意味です。 しかしこの言葉サイト来の意味は、前者のようですですから、この言葉は左に曲がることも、右に曲がることもさらに引き返すことも可能だということを意味しているのです。 次のような使い方をするのが正しいのです。 「ここまっすぐおいきゃしたら、八坂さん(八坂神社)のどんつきにあたりますさかい、そこ右まがっておくれやす。」 人生にもいろいろな「どんつき」があります。 でも「どんつき」は終着点ではありません。 左右をゆっくり見渡したり、後ろを振り返ったり。 どちらへ進むかは、ゆっくり考えてから決ぬればいいのだと、この言葉は教えてくれているようです。